和装前撮りならココ!厳選6社

top > 和装前撮りについて > 和装前撮りを行うメリットや選び方

和装前撮りを行うメリットや選び方

 結婚式をあげる時に近年セットとして考えられるようになったのが、前撮りであり結婚式のプランとして当たり前のように含まれるようになりました。
前撮りはその名の通り式の前の別の日に行うものであり、写真撮影のみに専念することができることから、より納得できる写真を手にすることができるという魅力があります。
一口に前撮りといっても様々内容があり、プランやスタジオにより異なる点は多いのでよく比較しておくことが大切です。
金銭面の違いは比較しやすいポイントですが、安いという理由だけで決めてしまうと、納得できる写真にはならない可能性が高いので気をつけなくてはなりません。
まずは譲れないポイントや希望、予算などをある程度明確にしておくことが大切になってくるということは、頭においておきましょう。

 前撮りとなれば、本番で着用する衣装を着るというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
しかし実際には当日の衣装のみではなく、全く異なる衣装を選ぶこともできるというのも前撮りの魅力であり、いろんな衣装を楽しみたいという人にもぴったりです。
ウェディングドレスや和装など、結婚式当日にもお色直しはできますが、時間の都合やゲストを待たせる負担も考えると二回程度が限度とケースが多いのではないでしょうか。
いろんな衣装を着ることはできないからこそ、前撮りで様々な衣装にチャレンジするべきであり、お色直しの回数を増やすより金銭面の負担も軽減できます。
特に和装前撮りはお得になるケースが多いので、式場のプランだけではなく撮影スタジオからも見積もりを取っておき比較してから決めましょう。

 前撮りをする時にも必ず予約が必須となりますが、それだけではなくきちんと打ち合わせをすることが大切です。
どんなに腕が良いカメラマンでも、自分の希望を明確に伝えることができていなければ納得できる仕上がりにはなりません。
和装前撮りとなれば、ロケーション撮影にもぴったりの衣装となるので、結婚式の当日にウェルカムボードやムービーなど演出の一つとして使うにもぴったりです。
演出に使用する場合には、早い段階で予約しておかないと間に合わないということもあるので、予定が決まり次第予約して相談に行くようにしましょう。
和装となれば日頃着なれていないからこそ、結婚式当日に着るだけでは立ち振る舞いがわからないという事態になりがちです。
そうならないためにも、前撮りで着用して練習しておくことも大切ではないでしょうか。

次の記事へ

ページトップへ